国内一般物流(FLEXIBLE)

物流オペレーション(ハイパーロジスティクスセンター)

お客様ごとに構築する最適な物流システムをベースに、 TCとDCの効率的なクロスドッキングと徹底した作業の合理化で、 物流全体を最適化するロジスティクスシステムをご提案いたします。

東日本と西日本のそれぞれに展開する物流機能をターミナル化。質の高い物流サービスで国内全域をカバーし、全国翌日配送※を実現。

TC(通過型センター)とDC(在庫型センター)の2つの機能を効果的にクロスドッキングすることで、「共同配送システム」における全国翌日配送を実現。「多頻度少量配送」をはじめ多様化する物流ニーズに対応しながら、在庫やスペースといったお客様の抱える問題の解決に向け、最適なロジスティクスソリューションをご提供いたします。

オーサワ ハイパーロジスティクスセンター

※離島・山間部および一部の地域では翌々日のお届けになります。詳しくは当社営業までお問い合わせください。

共同配送における全国翌日配送を実現するワークフロー&タイムモデル

ワークフロー&タイムモデル

物流全体の流れを見ながら、効率的なフローを構築。 ムリ・ムダ・ムラのない合理的な物流サービスをご提案します。

「納期」「物流コスト」「リードタイム」に焦点を絞り、ロケーション、レイアウト、ピッキング方法、仕分け方法や手順といった作業を徹底的に合理化。さらにDC型(在庫型)に対しては、当社開発スタッフがお客様ごとに物流システムの設計・構築を行い、物流全体の流れをみながら“仕組みによるコスト削減・効率化”を図ることで、全体最適化によるロジスティクスの合理化を実現いたします。

(図)

お客様の物流ニーズを的確に把握し、 当社開発スタッフが最適なDC型物流支援システムを設計。

お客様の業務の流れを把握した上で、どのように預かり管理するのか、どのような発送方法が良いのか、効果的なコスト配分方法は何かを考え、当社開発スタッフがお客様ごとにオーダーメイドで物流システムを構築。物流全体の流れを考慮し、ローコスト&ハイクオリティなバランスのとれた物流フローをご提案いたします。

指定伝票やデータ取り込み方法など、 お客様の業務やフォーマットにあわせることで負荷を最小限に。

出荷データの取り込み方法や指定伝票など、お客様の業務やフォーマットに沿った対応プログラムを作成いたしますので、お客様に新たにシステムを導入していただく必要は全くありません。最小限のお客様負担で、最大限の物流パフォーマンスを実現すること。これがオーサワの物流設計の基本です。

大量・多品種の商品を必要に応じて多頻度少量化。 効率的なバックヤードコントロールでロスを軽減。

「共同配送」との連係で、DC型物流における小ロットでの出荷ニーズに対応。お客様の在庫を圧縮する「多頻度少量配送」を実現し、効率の良い物流サービスをご提供いたします。


ページの先頭へ